t's space.

【Dark Reader】Webサイトに「ダークモード」を実装する【Chrome/Firefox拡張機能】

普段使ってるOSやSNSアプリは、絶対にダークモードじゃないと駄目だ!
だけど、Webサイトは眩しすぎて見れない・・・

そんな方向けにオススメなGoogle Chrome向けの拡張機能があります。

Dark Readerとは

すべてのウェブサイトにダークテーマを適用します。夜間や毎日のブラウジングにDark Readerを使用し、あなたの目を気遣います。
このアイ・ケアの拡張機能は、オンザフライでウェブサイトのためのダークテーマを作成し、ナイトモードを有効にします。 Dark Readerは鮮やかな色を反転させてコントラストを高め、夜間に読みやすくします。

明るさ、コントラスト、セピアフィルター、ダークモード、フォント設定、無視リストを調整することができます。

Dark Reader – Google Chrome 拡張機能

上記にある通り、Webサイトの見た目を”黒基調”に変更してくれる拡張機能になっております。
ちなみにほとんどのサイトで自動的に適応されるので、ダークモード好きな方は超オススメです。絶対に入れるべきです。

ダウンロード

Chromeはこちらから
Firefoxはこちらから

※Mac版Safariもありますが、有料なのでここでの紹介は割愛します。

使い方

導入が完了すると、ツールバーにこのアイコンが表示されます。

アイコンをクリックしましょう。
すると、メニューが表示されます。

右上にある【オン/オフ】のボタンを押すと、拡張機能が有効化されます。

Before
After

しかし、波の部分が白いままですね・・・。
こうゆう場合は、ダークモードの出力方法を変更してみましょう。

「その他」タブ→「テーマ生成モード」をフィルタに変更

違和感がなくなりましたね。
今行った設定は、サイトごとに保存することができます。
「その他」タブの「このサイトでのみ適用」で完了です。

その他カスタマイズ

他にも、セピア調に見た目を変更できたり、

モノクロにもすることができます。

その他明度・コントラストも調整可能です。

また、「サイトリスト」タブでは、サイトURLを登録することにより、Dark Readerを必ず適用するサイトを「ホワイトリスト」、逆に適用しないサイトを「ブラックリストに追加することもできます。

細かい調整が可能というのもこの拡張機能の強みでもありますので、特にダークモードが好きな方は是非導入してみてください。

Comment