t's space.

ポケモンGOのジムがイオン一部で削除… その件についての考察。

最近、私はポケモンGOにハマってると過去にブログに書きました。
そんな矢先ですが、今月に入り、ポケモンGOプレイヤーに悲報のニュースが流れました。

一部の店舗におきまして、2019年12月1日をもって「Pokémon GO」のサービスを終了いたします。

そこで、なぜこのようなことが起こったのかなどを個人的な考察として記事に書いていきたいと思います。

そもそも、イオンはポケモンGOのスポンサーだった。

ポケモンGOには、”ポケストップ”や”ジム”という特定場所に行けばアイテムが入手できる場所がありますが、スポンサーになることにより、企業名のポケストップが追加されます。
今現在だと、マクドナルドやソフトバンク、イオンなどがスポンサーになっています。

これにより、スポンサー側は以下のメリットがあります。

  • ポケモンGOプレイヤーに店舗の宣伝をすることができる。
  • ポケモンGO限定のクーポンでプレイヤーに対して来店してもらうことができる。
  • 商品購入等のきっかけになり、売上上昇に貢献する。

ということが期待されていますが、今回のイオンでのジム削除はなぜ行われたのでしょうか。

※ちなみにイオン公式からの詳細は明かされていません。理解のした上でご覧ください。

そもそも効果が無かった?

上記メリットを見ると、スポンサーになっても効果が無かったのかという風に感じ取れます。
ただ、これだけではやりすぎなのでは?と思う方もいるかもしれません。(スポンサー料が分からないのでなんとも言えませんが)
ということで次の考察になります。

ポケモンGOをやるだけの為に駐車していた?

“ジム”では、”レイドバトル”という大人数で他のトレーナーと一緒に”ボスポケモン”と呼ばれる強力なポケモンと戦う協力プレイがありますが、イオンではこれをやるだけの為に駐車をし、迷惑になっているという声がネット上でも見受けられます。
特に夕方辺りになると買い物客が増えるので、この時間にポケモンGOプレイヤーが駐車場を停めるとなると迷惑になってしまうのも当然です。

普段利用してる人を守るためにイオンは動いた?

プレイヤーからは批判は出るかもしれませんが、最善策をとったんだと感じ取れました。
あくまでも”一部”削除なので、迷惑になってる店舗のみを削除した可能性が高いという声もあります。
個人的には、このような策しか無い、むしろよくやってくれたという感じだと思いました。(ただよく行くジムが無くなったら悲しいですが。)

何がともあれ、今後のポケモンGOに良いことがあることを願うばかりです。

Comment